top of page

5月17日(金)

|

国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟103

ゲシュタルトグループ療法ワークショップ 2024 東京3日間

7月の学術大会で大盛況だったゲシュタルトグループ療法ワークショップを、2024年も開催できることになりました。 ピーター・コール&デイジー・リーズのお二人による、最も新しいゲシュタルト療法の形式であるグループアプローチを体験しましょう。

ゲシュタルトグループ療法ワークショップ 2024 東京3日間
ゲシュタルトグループ療法ワークショップ 2024 東京3日間

日時・場所

2024年5月17日 9:30 – 2024年5月19日 16:30

国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟103, 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3−1

イベントについて

本学会の2023年学術大会の際、キーノートスピーチを行ったピーター・コールがデイジー・リーズとともに再来日し、ゲシュタルトグループ療法の アドバンス トレーニングを開催します。

このワークショップでは、個人と人間関係の成長を促すためのゲシュタルトグループセラピーを体験し、グループをファシリテートする方法を学んでいきます。

メンバー一人ひとりが成長し発達していくためには、何をどうしていけばよいのか?

グループプロセスの力を活用する理論と、ファシリテーションの実践=具体的な”やり方”を学ぶトレーニングです。

このトレーニングに参加することで、グループのファシリテーションや関係対話療法の新しい概念とスキルを身につけることができます。:

  • グループプロセスの重要なポイントである「グループ全体」への介入方法とリフレクションの方法
  • 感情的リーダー、反抗的リーダー、スケープゴートリーダー:グループメンバーによく見られる”役割”をうまく認識・対応し、効果的にワークを進めていくやり方
  • 感情の流れとその処理、成長を促進する気づき:グループを継続させるために必要なスキル-参加者間の関係の破壊への対応と修復方法:愛着と共感、エンパワメントの促進
  • リーダーの”影”:グループの中のリーダーの無意識への対処、お互いに腹を割って話し合うことへの取り組み、安全にワークができる場を作る方法
  • ゲシュタルトグループ療法の手法は、セラピー以外の分野、あらゆるグループ(カップル、家族、地域コミュニティ、学校、職場、さらには政治や行政などより大きな組織も含む)をファシリテートするために役立ちます。

グループ療法をファシリテートしていくことにご興味がある方や、あらゆるグループをリードしていく立場の方、グループとのかかわりに課題や悩みを抱えていらっしゃる方など、幅広い分野からのご参加をお待ちしています。

【ファシリテーター】 ピーター・コール、デイジー・リーズ

【定員】  23名

【参加費】 99,000円

 (2024年2月29日までにお申込みの場合は、早割価格 77,000円)

【主催】一般社団法人 日本ゲシュタルト療法学会

  ■ 主催者都合によりイベントが中止になった場合は、全額を払い戻しいたします。

  ■ 参加者都合により申込をキャンセルされる場合、以下のキャンセル料を申し受けます。

  (参加費から以下のキャンセル料と振込手数料を除いた額をお振込みします)

    2024年4月18日(木)までのキャンセル:キャンセル料はいただきません

    2024年4月19日(金)以降のキャンセル:キャンセル料は参加費の50%

    2024年5月3日(金)以降のキャンセル:キャンセル料は参加費の75%

    2024年5月10日(金)以降のキャンセル:キャンセル料は参加費の100%

  ■ 自然災害の発生や感染症等の疑いによりやむを得ずご出席がかなわなくなった場合、原則としてキャンセル料は発生しません。

このイベントをシェア

bottom of page